世界がその美しさに唸る!!有田の柿右衛門様式!JAPANが誇る美術界の巨人!

世界がその美しさに唸る!!有田の柿右衛門様式!JAPANが誇る美術界の巨人!

白磁の有田焼に赤色の絵付けを行い、焼成に成功させた初代柿右衛門!!今回は「今や15代目まで受け継がれる柿右衛門様式」の歴史を遡り、今や代表作品・通販経由で販売される現代向け作品とちょっとだけそのお値段まで紹介しちゃいます!!


ヨーロッパ磁器界の頂点「マイセン」を生み出した柿右衛門様式の有田焼!!

17世紀後半になって、ヨーロッパへ輸出された「柿右衛門様式と呼ばれる日本の磁器(有田焼)」は現地で絶大な人気を誇ってきました。

現在、ヨーロッパ磁器界でトップに君臨する名窯マイセンも「日本のように優れた磁器を作りたい」という熱意が創設のきっかけになっています!!

また、マイセン磁器はドイツのアウグスト王の至上命令の元、中国磁器の複製よりも多くの「柿右衛門様式の焼き物」を模倣して作られてきました!!

まさにヨーロッパに多大な影響を及ぼしてきたのは「JAPANの柿右衛門様式」だったんですね!

ドイツのザクセン選帝侯アウグスト強王は東洋磁器の屈指の蒐集家であり、アウグスト軍に属する兵士600人とプロイセンの王が所有していた中国の壷151個を交換したという逸話も伝わっています。

ヨーロッパでの古伊万里は、それ自体を愛でるというより、宮殿を装飾するインテリアとして用いられていました。特にドイツのアウグスト強王は驚異的な古伊万里のコレクターで、手に入れるため、自分の兵隊を売り払ったほど。アウグスト強王はやがて、マイセンで磁器開発を命じます。これが現在のマイセン窯にあたります。

マイセンでは当初、中国の磁器が複製されていたが、1720年代からは柿右衛門様式や伊万里を手本として、模倣品が大量に作られるようになった。柿右衛門や伊万里があまりに大規模に模倣され改作されたため、その起源が東洋にあることが忘れ去られるほど、ヨーロッパの磁器の一部へと浸透していった。

そもそも柿右衛門様式ってなに??どんな焼き物なの?

有田焼の中でも柿右衛門様式というのは、白地の有田焼に「赤・黄・緑」や「青・紫・金」といった様々な色を使って鮮やかな絵柄を施した焼き物になります!!

柿右衛門(源流)の柿右衛門様式の有田焼は、平均値段が25000円~30000円となっています!

通販でも販売されているモノを含めると「納得できる値段のモノ」を自分で探せるみたいですが、柿右衛門様式の特徴を学んだ上で信頼できる販売サイトからの購入を検討される方が良いかもしれません!

柿右衛門様式は、主に大和絵的な花鳥図などを題材として暖色系の色彩で描かれ、非対称で乳白色の余白が豊かな構図が特徴である。上絵の色には赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられる。同じ有田焼でも、緻密な作風の鍋島様式や寒色系で余白の少ない古九谷様式と異なり、柔らかく暖かな雰囲気を感じさせる。

柿右衛門様式といえば、〈濁手(にごしで。乳白手とも。)〉と呼ばれる純白の素地(きじ)に明るい絵付けが特徴

伝統技術を継承し、現代向けに作られる柿右衛門様式の有田焼!!

赤や青を鮮やかに絵付けに取り入れる柿右衛門様式の有田焼!15代目柿右衛門を筆頭に、多くの窯元が技術を継承しながらも「人々の発想を超えた現代風の柿右衛門様式」を世に生み出しています!

今回はその代表的な作品を紹介していきます!!

1640年代に初代柿右衛門が赤絵を創始し、白磁の美しさとの調和性を究極まで高め、柿右衛門様式として1670年代に確立しました。その美意識は以降15代に渡り現代まで途絶えることなく脈々と受け継がれています。

15代目の柿右衛門を継がれた酒井田柿右衛門先生のぐい吞み容器の作品です!

伝統ある白色の素地に施される梅の絵付けに繊細さを感じる作品です!

本作品は品切れとなってしまいましたが、他の先生の芸術品は値段も70000円ほどする作品が多いようです!!

また残念ながら先生の作品は、ネットではなく大型の小売店でしか購入できない場合が多いようなのでお買い求めの際はぜひ注意してくださいね!!

インターネット通販で購入できる柿右衛門様式の有田焼!!

15代まで続く酒井田柿右衛門先生の作品は、大型のデパート店でしか購入できない場合が多いのに対し、今やインターネット販売を通じてのみ購入できる「柿右衛門様式が特徴的な作品」も多くあります!ここではネット販売を通じてのみ購入できる代表作品を紹介します!!

この記事のライター

人気のギフト