日本人なら知っておくべき!?日本の伝統工芸品「有田焼」の作り方!

日本人なら知っておくべき!?日本の伝統工芸品「有田焼」の作り方!

日本を代表する工芸品「有田焼」ですが、その作り方を知ってる方は日本人の中にもそこまで多くはいらっしゃらないようです!なので、本記事では「STEP1(第一段階)~STEP5(第五段階)で有田焼の作り方」をお伝えし「興味深いデザインの有田焼」までご紹介しちゃいます!!


日本の焼き物文化を学んでみよう!!「STEP1(第一段階)~STEP5(第五段階)」で紹介する「有田焼」の作り方!!

かつて経済産業省のクール・ジャパンのイベントで取り上げられました「JAPANの有田焼」!!

今や、世界からも高い評価をうけつつある「日本を代表する伝統工芸品の有田焼」ですが、その作り方は意外と知られていないことが多いそうです!!

本記事では「ギフトを選ぶ際の豆知識・博物館や美術館に行かれる前の教養・海外の方への日本文化の紹介」として参考になりそうな「有田焼の作り方」を簡単にご紹介しちゃいます!!

有田焼の作り方 STEP1:有田焼(磁器)の材料になる陶石を集めて砕き、それをまとめて粘土(陶土)を作っていく!!

有田焼は陶器(土で作った焼き物)ではなく磁器(石で作った焼き物)なので、材料となる石「陶石(とうせき)」を採掘し収集します!!

次に採掘した陶石を粉々に砕いた後、その粉をまとめて練り合わせて「陶土(陶磁器をカタチ作る原料となる粘土)」を作ります!ここまでが「有田焼の作り方 STEP1」になります!!

STEP2では、この陶土(粘土)をろくろにのせて、焼き物のフォルム(形)を作り上げていくんです!!

九州陶磁(とうじ)文化館をたずねました。やきものは2種類(しゅるい)に分かれます。1000~1200℃でやく陶器(とうき)。そして、およそ1300℃以上でやく磁器(じき)です。磁器である有田焼の原料(げんりょう)は白い石。この石の中にはガラスと同じ成分(せいぶん)がふくまれています。この石を重さおよそ100kgのきねで14時間つき、細かくします。そこに水をくわえ、よくかきまぜると粘土(ねんど)になります。これが有田焼の材料(ざいりょう)です。

有田焼の素地はガラス質を多く含んだが原料で、砕いたその粉を練り合わせて焼いたものが磁器になります。今日では熊本県天草地方の山から採掘された石が主に使われています。このは砕きやすく形成可能な上、他の添加物がなくても(単身)均一に磁器焼成ができるという利点があります。薄くて軽いけれども硬くて丈夫、仕上がりの色が濁りなく白く美しいのも特徴です。このガラスのように透き通る白磁の美しさと磁肌のなめらかさが、有田焼の繊細で華やかな絵付を映えさせるのです。

①採石 有田焼の原料は陶石と呼ばれる石が使われます。日本磁器の歴史は有田の泉山というところで陶石が見つかったところから始まっておりますが、
今では泉山の陶石ではなく、天草産の陶石が多く使われています。採掘された陶石はハンマーで砕石され、いくつかの等級に選り分けられます。
②成土 石のままでは形をつくれないので、クラッシャーという機械でくだき、さらにスタンパーという機械で細かい粉にします。その粉に水を加えて適当な堅さの陶土をつくります。

有田焼の作り方 STEP2:陶土(粘土)を使い「轆轤(ろくろ)」を回して焼き物の形を作り、乾かして素焼き(低い焼成温度で焼き固める)を行う!!

有田焼の材料である陶石で陶土(粘土)を作ったら、その陶土をろくろ(轆轤)に乗せて「焼き物のカタチ」を形成していきます!!

有田(佐賀県)の観光名所で体験できることも多い「ろくろ作業」とは、回転可能な円形の台で「均一で綺麗な焼き物の形状」を作ることがです!以下に動画も載せておきます!!

また、ろくろでカタチ作った陶土は、下絵付けができる硬さになるまで「1回目の焼成」を低い温度(900度ほど)で行います!ここまでがSTEP2になります!!

③土こね 次に陶土をよくこねます。陶土の中の粒にむらがあったり、空気の泡があったりすると、焼いたときに割れてしまったり、歪んでしまうからです。
④成形 形や大きさに合わせていろいろな方法を使いますが、回転するロクロの上に陶土をのせて形をつくっていく方法が普通です。
⑤素焼き ゆっくりと乾かした器をまず約九百℃で焼きます。

有田焼の作り方 STEP3:素焼き(STEP2で行った1回目の焼成)した後に「カタチ作った焼き物」に下絵付け(絵をかく作業)を行っていく!!

陶土(粘土)を使い、ろくろ作業で「焼き物のカタチ」を作り、低い温度で「1回目の焼成」を行い固めた後、いよいよ絵付けの作業に入ります!!

STEP3では「呉須(ごす)」と呼ばれる藍色の絵の具を使って絵付け作業を行っていきます!!

文様(装飾のためにつけられた図形のような模様)の線を描くことを「線描き」、線の中を塗っていくことを「濃み」と呼びます!この一連の作業が「下絵付け」と呼ばれるものになります!!

ちなみに「上絵付け」は下絵付けと異なり「本焼成(2回目の焼成)が終わった作品に絵付けする作業」のことを呼びます!!

⑥下絵付 染付という青色の模様はこの工程で描かれます。素焼きされた器の表面に藍色の絵具である呉須などで描きます。

この記事のライター

関連するキーワード


有田焼 作り方

人気のギフト