高級ブランドの産地は海外??日本で有名な陶磁器(焼き物)について!

高級ブランドの産地は海外??日本で有名な陶磁器(焼き物)について!


とりあえずざっくりと学ぶ「日本で有名な陶磁器」について(入門)!!

あなたは「焼き物」という言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか?有田焼?美濃焼?歴史的に焼き物が有名な日本国内の産地として、その名を聞いたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。高級メーカーによる高級ブランド品としても、そのイメージが強いですよね。

人によって思い浮かべることは様々なことがあるかと思いますが、それほど私たち日本人にとって焼き物というのは生活に密接したものです。

世界最古の焼き物と言われる縄文式土器を始め、私たち日本人は古来から焼き物とともに生きてきました。生活の様々な場面で焼き物を活用し、焼き物によって生活の質を向上させてきたのです。

そのように、焼き物は生活にとても密接に関わるものだったのですが、それに芸術性を加えたのが朝鮮半島からの技術の伝来です。

それまでは700〜800度といった低めの温度でしか焼成できなかった日本の焼き物ですが、朝鮮半島や中国から窯焼きの技術が伝わったことで1000度以上の高温で焼き物を焼成できるようになったのです。窯焼き技術の登場により、日本の焼き物の質は飛躍的に向上しました。

今では、日本国内でもその土地の風土や気候に合わせた様々な焼き物が作られています。そこが新たな産地として、次々と高級メーカー(窯元)から歴史や伝統に特徴づけられる(ブランド品)焼き物を生み出しているわけです。そんな中でも、日本で特に有名な陶磁器が「日本三大陶磁器」と呼ばれる「美濃焼・瀬戸焼・有田焼」です。お聞きになったことがあるかもしれない、日本の有名焼き物ブランドですね。

特に朝鮮半島からの技術が直接伝わっているのが、九州・佐賀県の有田焼です。

有田焼は、豊臣秀吉が行った朝鮮出兵から引き揚げてくる際、一緒に連れて来られた陶工により発展しました。朝鮮半島からの技術伝来以降は主に磁器の生産が盛んで、江戸時代には鍋島藩が皇室に献上していたとも言われています。色鮮やかな色彩と手になじむ質の良さは、老若男女を問わず誰からも愛される陶磁器だということは間違いないでしょう。

あなたもぜひ一度、日本で最も有名な陶磁器とも言われる有田焼を手に取ってみてはいかがでしょうか。

有田焼の歴史は400年ほど前から。

今や日本で有田(その産地名)を知らない方は少ない「有名な高級ブランド」として浸透した有田焼。

メーカーによる色付けや釉薬による施釉の技術向上による「美しく特徴的な様々な芸術品」が作れるようになりました。

この記事のライター

人気のギフト