もしかすると備前焼!?土でできた信楽焼と石でできた有田焼の違い!

もしかすると備前焼!?土でできた信楽焼と石でできた有田焼の違い!


信楽焼と有田焼の大きな違いからざっくりと学ぶ!土の陶器と石の磁器について!!

焼物が好きで様々な地方を巡っていると、「この話はどこかでも聞いたな」と思わせる出来事に遭遇することがあります。
その一例が有田焼と信楽焼きでした。しがらきやきと読みます。
有田焼と信楽焼きの違いは何かというと、有田焼は陶石を原材料にした磁器ですし、信楽焼きは粘土を原材料にした陶器ですから、製作的な、あるいは技術的な共通点はありません。
では、どこに共通点があるかというと、置かれた環境に似通ったものがあったのです。

伊万里・有田は日本で初め誕生した磁器として有名です。
鍋島藩はそれまで同じように有田焼を焼いていた鍋島窯をお抱えの窯とし、その技術を門外不出のものとしました。
鍋島焼は高級な磁器、それ以外の有田焼は日常の食器という二分化が進んだまま、技術は代々伝承され、今日へと受け継がれています。

伊万里・有田の卓出したところは、伝統におもねることなく、新しい創造に取り組む窯元や作家が次々と現れ、切磋琢磨し、競い合う素地ができていたことです。
現代でもそれを象徴する出来事があります。
400年の伝統を継承する有田焼の名窯「香蘭社」などが率先して、有田焼の万年筆を世に問うて大反響を巻き起こしました。

「土」でできた信楽焼とは!!

信楽焼(しがらきやき)です。陶器ならではの土の温かさが感じられる皿の作品です。

田舎の温泉旅館で使われていそうな、癒し効果のある一品ですね。

一方、信楽焼きは滋賀県と三重県の県境にある高原地帯の甲賀市信楽町に位置し、火色、ビードロ、焦げと呼ばれる自然釉の美しさと粗く素朴な土味が特徴の焼物です。
耐熱性に優れていたことから、大型で頑丈な陶器に用いられ、当初は火鉢の生産で全国に知れ渡っていました。土が材料という意味では、備前焼に近いものかもしれません。

信楽は伊万里・有田と同じように、江戸期から窯焼きの技術を他の藩に知られないように極秘とし、他の地域から信楽の窯元へ働きに来ていた者には大切な技術に携わることはさせず、雑役のようなことをさせていたそうです。
また、陶工が信楽を出て焼物を作ることも禁じ、技術を漏洩すると厳罰に処せられたそうです。
ただ、信楽焼きの場合、有田焼のように伝統工芸的な作品づくりに力を注がれなかったため、今日でも生活雑器の生産が主体となっています。
ところ変われば、焼物も変わってくるものですね。

愛らしいたぬきの置物で有名な信楽焼は、有田焼をはじめとする日本の焼き物としても大変有名です。
しかも、信楽焼は「日本六古窯」といわれる、日本古来の伝統的な焼き物のひとつとしても注目されています。
信楽焼は、滋賀県の最南部の位置する甲賀市信楽町を代表する産業で、特に「他を抜く」との意味から「たぬきの置物」は商売繁盛のお守りとしても人気です。

現在の信楽では、食器・植木鉢等の日常の焼き物を始め、建築用タイル・陶板、狸等の置物、傘立て、花器、茶器、庭園用インテリアの焼き物等多くの商品が生産され私達の生活に根ざした焼き物が生産され、変化の激しい需要に対応する技術の開発が進められています。

信楽焼の名物、狸の置物です。

最後に、有田焼よりも信楽焼に近いとされる備前焼の茶碗です。土でできた作品ならではの良さが感じられますね。

この記事のライター

関連する投稿





日本人なら知っておくべき!?日本の伝統工芸品「有田焼」の作り方!

日本人なら知っておくべき!?日本の伝統工芸品「有田焼」の作り方!

日本を代表する工芸品「有田焼」ですが、その作り方を知ってる方は日本人の中にもそこまで多くはいらっしゃらないようです!なので、本記事では「STEP1(第一段階)~STEP5(第五段階)で有田焼の作り方」をお伝えし「興味深いデザインの有田焼」までご紹介しちゃいます!!


有田焼が有名なのはドイツのおかげ??マイセン窯と有田焼の関係!!

有田焼が有名なのはドイツのおかげ??マイセン窯と有田焼の関係!!

ヨーロッパの焼き物(磁器)界で最も有名な「マイセン窯」ですが、日本の有田焼が世界が広がったのはその「マイセン窯の働き」がきっかけでもあります!今回は遠く離れた「ドイツの磁器メーカーとJAPAN発祥の有田焼との関係」と欧州の貴族を魅了した「柿右衛門様式の有田焼」について簡単にご紹介しちゃいます!!


人気のギフト