求人あり?資格は必要?日本の伝統を創る仕事「伝統工芸士」とは?

求人あり?資格は必要?日本の伝統を創る仕事「伝統工芸士」とは?


日本の伝統文化を生み出す仕事「伝統工芸士(英語:A traditional craftsman)」とは??

伝統工芸品はほとんど手作りによって作られますが、その技術を習得するには1日2日で出来るものではありません。

時には数十年近くかけて技術を身に着けていかなければならないのです。

ただ技術を身に着けるのが大変難しい為か最近は後継者不足に悩んでおり、工芸品そのものの存在が危ぶまれています。

そこで工芸品に従事している人を対象に「伝統工芸品認定試験」を実施し、合格した人には「伝統工芸士」の称号が与えられます。

伝統工芸士になると、「信頼」という何物に代えがたいものが得られます。

信頼が得られれば様々な仕事が任せられるようになり、収入もそれなりと期待出来るかと思います。

将来的に伝統工芸品の会社を立ち上げ、販売や流通を手掛けたいと考えているのならば必須のスキルと言えるでしょう。もちろん伝統工芸品を”見る目”も養われるので、見識もぐっと広がる筈です。

また昔から伝わる伝統工芸品を未来へ語り継ぐのも、伝統工芸士の重要な仕事です。

非常に遣り甲斐があり、なおかつ責任もある仕事と言えるでしょう。

後継者不足でその数が低迷している工芸品の職人さん!

ただ伝統工芸士は長い実務経験と伝統工芸品認定試験を突破してその資格を得てきた方々です。

日本の文化を根底から支える「誇りあるお仕事」のひとつなんですね!

日本の伝統工芸士:日本の伝統工芸士が探せるサイトです

伝統工芸士とは?
伝統工芸士とは、伝統工芸品などを製造する職人の技術・知識を認定する資格です。

その他情報
難易度は?:合格率は65%程度。取得までの道のりは長い。
仕事内容は?:公的な研修機関などで後継者を育成するために、伝統工芸品産業の振興ならびに研修などを行います。

伝統工芸士(でんとうこうげいし)とは、伝産法第24条第8号に基づいて伝統的工芸品産業振興協会が行う認定試験である。

後継者不足等により低迷している伝統的工芸品産業の需要拡大を狙って1974年(昭和49年)に誕生した制度。伝統工芸士は、その産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、その技を後世の代に伝えるという責務を負っている。そのため、産地伝統工芸士会に加入し、産地における伝統工芸の振興に努めることとなる。誕生時は通商産業大臣認定資格であり、経済産業大臣認定資格を経て、現在は(財)伝統的工芸品産業振興協会が認定事業を行っているが、伝産法の規定に基づく言わば国家資格である。

誰もがイメージする日本の伝統工芸品の職人「伝統工芸士」!!求人はあれど、非常に取得が難しい「プロの資格」なんです!!

ただ伝統工芸士は、誰でも簡単になれる訳ではありません。

伝統工芸品認定試験は、伝統工芸品での実務経験が12年以上で現在も従事している人が対象となります。

現在他の会社に勤めて働き、何か1つスキルを身に着けようと試験を受けても、受けられるものではないのです。

現在伝統工芸士のスキルを所有している人は数千人ほどに及び、内1/4が女性となっています。

合格率は65%と狭き門となっており、正に選ばれた者のみが許される称号と言っても過言ではありません。

■試験の内容
1)知識試験(伝統工芸品の一般常識・歴史・材料・技法等の知識)
2)実技試験(作業場での行程科目、既定の材料で決められたものを作る。)

試験は年に1回実施されるようですが詳しい事は(財)伝統的工芸品産業振興協会に問い合わせた方がよさそうです。

難易度と試験対策

伝統工芸士の試験対策は、まず自分がどのような伝統工芸に興味が有るのかから始まります。当然、この資格には技術がつきものです。自治体などからの予算配分を受けて、伝統的な工芸品を作るための資格なわけですから、技能が卓抜していなければいけません。好みの工芸品を見いだせたら、その工芸品を扱っている名匠からの師事を受けるのが、試験対策としては一番です。働かせてもらいながら、技能を磨けます。工芸士には分野別に内規もあるので、そういった所を覚える点でも、その分野の人に薫陶を受けるのが一番の対策になるのです。公募展に入選するなどの実績があれば、尚更道は開けてきます。伝統工芸士は狭き門ですが、長年続ければ必ず結果は出ます。頑張りましょう。

認定登録者数[編集]
平成23年2月25日現在、認定登録されている伝統工芸士は4,441名であり、内女性は569名である

この記事のライター

人気のギフト