深く静かな色で結婚55周年を祝う!エメラルド婚式とは

深く静かな色で結婚55周年を祝う!エメラルド婚式とは


結婚55周年をお祝いできる喜びを!堅い絆の証、エメラルド婚式のお祝いについて!!

エメラルド婚式とは結婚55周年を祝います。
平均寿命が長くなっているのですが、離婚率も増えているような状況で結婚55周年を夫婦二人で御祝いできるのはとてもおめでたいことです。
エメラルド婚式の意味は、深く静かで尊い夫婦の生活という意味を持っています。

結婚55周年を祝うエメラルド婚式!尊い夫婦の時間をこれからも重ねよう。
55周年の結婚記念日を「エメラルド婚式」と呼びます。長年連れ添った夫婦のお祝いとしては銀婚式や金婚式がポピュラーですが、他にも素敵な婚式があります。55周年の節目を迎えるご夫婦を祝うのは「エメラルド婚式」。透明感あふれるやさしい緑色の「エメラルド」にちなんで、円熟した二人の愛情と感謝を伝え合って過ごしましょう。

エメラルド婚式の意味とは?

エメラルド婚式は金婚式の5年後、つまり半世紀を超える長い時間をともに歩んできたお祝いの日です。
エメラルドは、透き通った翠が心を優しく落ち着かせてくれる宝石。パワーストーンとしての主な意味は「宇宙の叡智」。
幸運や安定、幸せな結婚生活の守り石となると言い伝えられてきました。
50年を超えるあいだ夫婦として暮らしてきたお二人には、楽しいことばかりではなく色々な出来事があったことでしょう。
見る人を癒す力を持つエメラルドに例えられた55年目の婚式には、様々なことを乗り越えて強さを増したご夫妻の絆と、お二人が乗り越えてきた道のり、そして知恵と思いの深さを尊ぶ意味が込められています。

エメラルド婚におすすめのギフトって何?エメラルド婚式に贈るプレゼント(贈り物)の選び方!

エメラルド婚という名称がついているだけに、エメラルドにちなんだ物がプレゼントとして選ばれるのが一般的です。
たとえばイヤリング、指輪、ネックレス、といった製品がおすすめです。
エメラルド製品ですが、製品によって価格の幅も広いため予算内で選べると思います。
もちろん他の結婚記念日と同じように、あえてエメラルドにこだわる必要はなく好きな製品を贈っていただけます。
贈る製品に関しては、よくある夫婦茶碗や名前の入ったグッズなどが人気があります。

しかし中にはエメラルド婚式のお祝いに適さない品もありますので、今後のために覚えておくと役立ちます。
たとえばハンカチはおめでたい席のお祝いの品として、適さないのです。
ハンカチは漢字で書くと手巾(てぎれ)と書くため、御祝いの品には適さないのです。
さらに白色のハンカチは別れを連想させるので、余計に避けた方がいいのです。
櫛も実はあまりお祝いの場にふさわしくない贈り物になります。
その理由は苦や死を連想させてしまうからです。
また日本茶もお祝いの場には不適切だと言われています。
しかし中にはお茶が好きな方もいて、プレゼントとして贈ったら喜ばれることも多いのです。
中にはギフト用にラッピングされたお茶ギフトもありますので、そういった製品を選んで贈れば問題ないかもしれません。

深く落ち着いた色模様でかつ輝く光を放っているエメラルドリングになります。

人生に一度のエメラルド婚式への贈り物として選べますね。

結婚して55年目の結婚記念日はエメラルド婚式(えめらるどこんしき)と呼ばれ、「深く静かで尊い夫婦の生活」という意味が込められています。
お祝いのプレゼントには指輪、ブローチ、ネックレスなど、エメラルドの装飾品を贈るのが一般的です。

この記事のライター

人気のギフト