真珠・旅行?プレゼントは何?結婚30年目のお祝い!真珠婚式とは

真珠・旅行?プレゼントは何?結婚30年目のお祝い!真珠婚式とは


真珠を贈るのが真珠婚!?結婚30年目のお祝い用ギフトを考えよう!!

英語で「pearl wedding」そのプレゼントはご両親へ?それともパートナーから?真珠婚式とは何か??

結婚してから15周年目以降は5年ごとに結婚記念日にお祝いの名称がつけられています。
真珠婚式は結婚30周年をお祝いする記念日になります。
結婚してから30周年というとかなり長く年月が経過していますので、普段の結婚記念日よりも少し豪勢にお祝いしましょう。

真珠婚式におススメのプレゼントですが、真珠婚だけあってパール製品を贈るのが喜ばれます。
真珠といえば主に女性が身に付けるアクセサリーになります。
また真珠は冠婚葬祭でも使えるとても優秀な製品ですから、ほとんどの女性が真珠製品を持っているはずです。
冠婚葬祭等で長く使用できることから、購入するときは本物の真珠製品を奮発して購入される方も多いのです。

真珠製品を贈るのは、旦那様から奥様に贈るケースが多く見られます。
可能であれば奥様が持っていないタイプの真珠製品を贈った方が喜ばれると思います。
イヤリングやピアス、一粒ネックレス、ブローチといったようにさまざまな真珠製品がありますのでお店をチェックしてみることをおすすめします。

また真珠製品を贈るときは、本物の真珠を贈るようにしましょう。
真珠は一見偽物との区別がつきにくいため、フェイク品を普段身に着けている方も少なくありません。
しかし真珠婚式という記念すべき日を迎えるのですから、本物の真珠を贈った方が喜ばれると思います。
またお店によっては旦那様から奥様への感謝の気持ちを込めたメッセージを添えることができるのです。
普段なかなか口に出して感謝の気持ちを伝えるのは恥かしいですし、結婚30年もたつと会話も少なくなってきているかもしれません。
だからこそこの機会に感謝の気持ちを伝えるのです。

旦那様から奥様へ贈るプレゼントとして有名なのが、この真珠のネックレス。海の宝石は富と健康をイメージさせてくれるようです。それ以外では、旅行とかも良いかもしれませんね。

真珠婚式とは

結婚記念日といえば50周年目の金婚式や25周年目の銀婚式が有名ですが、30周年目に当たるのが真珠婚式です。大いなる恵みと厳しさを合わせ持つ自然の海の中でじっくり育っていく真珠は、「健康」「富」「長寿」といった意味のある海の宝石。そんな真珠が由来である真珠婚式は、30年という長い年月をともに暮らしてきたご夫婦がこれからも元気で豊かに生活ができることを記念する最適なイベントといえるでしょう。日本でも真珠婚式を祝うご夫婦が増えてきており、他の結婚記念日と同じように長年の幸せに感謝してお互いにプレゼントを贈るようになってきています。

真珠婚式には、記念に真珠をプレゼント

もしあなたが何をプレゼントしたらよいか迷われているなら、真珠婚式の名前にちなんで真珠に関連した贈り物を考えてみてはどうでしょうか。
真珠には「無垢」「円満」「完成」といった意味もあります。30年間苦労をともにしてきたご夫婦が新婚時代のような無垢な気持ち戻り、これからの生活を今まで以上に円満に送れることを記念するにはぴったりの品といえます。

結婚して30年目の結婚記念日は真珠婚式(しんじゅこんしき)と呼ばれ、「富と健康を表す海の宝石に例えて」という意味が込められています。
お祝いのプレゼントには指輪、ブローチ、ネックレスなど、真珠の装飾品を贈るのが一般的です。

この記事のライター

人気のギフト