え!?これが日本の焼き物?超意外、モダンな有田焼特集

え!?これが日本の焼き物?超意外、モダンな有田焼特集

1616を筆頭にモダンな有田焼も多々あります。高級感ある伝統品とはまた違った良さがありますね。


400年の歴史を誇る有田焼。最近では積極的に欧州の市場開拓を進めているようで、世界最大規模のデザインの祭典「ミラノ・サローネ」などにも出展しているようです。

有田焼のモダンな窯元一覧

ARITA PORCELAIN LAB

シンプルでモダンな有田焼 KIHARA ONLINE SHOP

金善窯[金善製陶所]

やま平窯元

江戸時代から明治にかけて作られた輸出向けの食器の中でも特に技術の域を極め、卵の殻のように薄く、しかも丈夫な物を“卵殻手”と言い、西欧人から“エッグシェル”と絶賛を博した磁器がありました。
厚さが1mm程のその素地は磁器特有の透光性があり照明器具と疑う程です。
有田焼の“白さ”を感じて頂きたく、形状はシンプルに。
表面は“繭”のイメージを施しています。
手にした時のふんわりとした柔らかさと口当たりの良さを感じて頂きたい商品です。

厚さ1mmほどの薄さでつくられているようです。まるで卵の殻のようですね。

有田焼 通販 モダン

有田焼 ギフト モダン

有田焼 ギフト モダン

この記事のライター

関連するキーワード


有田焼 食器

関連する投稿






日本人なら知っておくべき!?日本の伝統工芸品「有田焼」の作り方!

日本人なら知っておくべき!?日本の伝統工芸品「有田焼」の作り方!

日本を代表する工芸品「有田焼」ですが、その作り方を知ってる方は日本人の中にもそこまで多くはいらっしゃらないようです!なので、本記事では「STEP1(第一段階)~STEP5(第五段階)で有田焼の作り方」をお伝えし「興味深いデザインの有田焼」までご紹介しちゃいます!!


人気のギフト