会社の創立周年記念!人気の記念品から10周年・50周年記念品まで

会社の創立周年記念!人気の記念品から10周年・50周年記念品まで


10周年~50周年!今後も永くご活躍される企業様の活躍を祈って贈るギフトとは??

人気の記念品(定番なプレゼント):まずはこんな感じの贈り物(ギフト)を!!

まず定番な周年記念品を選ぶうえで、どういった記念品が人気なのでしょうか。
人気の記念品についてお調べしました。

1つ目の人気の記念品として紹介するのが、花です。
この贈り物の花は、周年記念だけでなく、様々なシーンで贈り物として重宝されています。
人気の花としては白い胡蝶蘭を選ばれる方が多いようです。
贈る先の企業や店舗の記念の周年に合わせて、本数を贈ることもオススメな贈り方の一つです。
また贈り物の花にメッセージを添えることも、マナーとして重要なポイントです。
木札やメッセージカードなどTPOを選んで贈るのが良いでしょう。

2つ目に紹介する人気の記念品は、レターオープナーです。
このレターオープナーが喜ばれている点としては「わざわざ自分で購入するわけではないけれど、贈られると嬉しい」というところです。
実際、レターオープナーは種類が多く、物珍しい商品がたくさんあります。
鉄製のものや木製のもの、また電動式のものや、なかには電卓と一体型になっているものもあります。
きっと、自分でなかなか購入するものではないと思いますので、長く使ってくれるものになるのではないでしょうか。

3つ目に紹介する人気の記念品は、シャンパンです。
シャンパンはシーンとして、内輪の周年の記念パーティーなどに伺う際にもオススメです。
実際にパーティー会場で贈答して、当日の主役に飲んでもらって喜んでもらえる。
そういった使い方も出来るのではないでしょうか。
最近では、ボトルのデザインなども自由に指定出来るのでオススメです。
社名を印字したり、社長の顔を印字したりなど、様々な使い方が出来る点もシャンパンが人気である理由の一つです。

企業の周年記念品で最も選ばれる「(飾り用の)花のギフト」です。

様々なバリエーションから企業のカラーに合わせた花を選び、メッセージを添えると良いかもしれません。

10周年記念品:企業(法人)の周年祝いとして、大きな節目を祝える10周年目の定番ギフトとは何か!

10周年記念品として、喜ばれる贈りものはどういったものがあるでしょうか。
企業や店舗が10周年を迎えるうえで、きっと色々な変化があったかと思います。
少なかったスタッフも増えて、支店や店舗も増えていくなど、様々な変化もあるでしょう。
そういった変化を迎えた10年という節目を祝ううえで、どういった記念品が最も喜ばれるでしょうか。
絶対に喜ばれる記念品を選ぶうえで、大事なポイントを2つにまとめました。

1つ目の大事なポイントは「情報収集」です。
10周年を迎えた企業や店舗にどういったものを贈ると喜ばれるか?
それは極論を言ってしまうと、その企業や店舗ごとに違います。
ある商品に対して人それぞれの好き嫌いがあるように、ある商品が絶対的に喜ばれるということはないのです。

そこで大事になってくるのが、その贈り先への情報収集です。
「10年という歳月のなかでどんな変化があったか?」
「今後の夢は何だろうか?」
「今、困っていることは何だろうか?」
そういったことを徹底的に情報収集していきます。

具体例を言います。
飲食業に進出したいと思っている→食器類を贈答する
会社内が乾燥して困る→空気清浄機を贈答する

そういった情報収集をすることによって、どういった贈答品を選ぶかということが決まってくるのです。

2つ目の大事なポイントとしては「さり気なさ」です。
先ほど、情報収集が大事とお伝えしました。
しかし、あからさまに「情報収集をしている」ということが先方にバレてしまっては元も子もないのです。
あくまで、さり気なく情報収集をして、実際の記念品で先方を驚かす。
贈り物にはそういった演出も大事になってくるのです。

50周年記念品:多くの支援者に感謝とお礼も!世代が受け継がられるほど、永く活躍した組織へのお祝いのギフト!

50周年記念品としては、どういったものが喜ばれるでしょうか。
50周年というと大変な年月です。
若くして、一代目が起こした会社が順調に成長し、一代目が社長を退き二代目にバトンタッチしている頃でしょうか。
では、そういった長い年月に渡って築き上げた会社の50周年を祝う、記念品としてはどういったものが良いでしょうか。

まず、一つ目の提案としては時計です。
時計とお聞きすると、どこの会社にも置いてあるし、それほど珍しいものではないのではないか?
そう思われる人もいらっしゃる方もいるかもしれません。
そこで提案することとして「50周年」にかけたデザインをお贈りすることをオススメします。
50というデザインを型どった記念時計を贈るのはいかがでしょうか。
こちらの記念時計は「0」の部分が円時計になっています。
「50周年という時を刻んで、これからも次の50年を刻んで欲しい。」
そういった会社に対して、今後の成長の願いを込めることが出来るかもしれません。
またデザインとしては、木製の柔らかいものや、クリスタル製の高級感に溢れるものなど様々な種類があります。

二つ目の提案としては、写真入れです。
50周年の記念パーティーの際に贈るものとして、写真入れはいかがでしょうか。
長い年月を乗り越えてついに達成した50年という節目。
その節目の記念パーティーの写真用として、写真入れをお贈りするのはいかがでしょうか。
デザイン性に優れたガラス製のものや、時計とフォトフレームが一体型になっているものなど、幅広い種類があります。
それぞれのシーンに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

周年記念は特別発注の置時計が良いですよね。写真はメッセージを添えて完成した置時計になります。

購入できるお店(チクタク屋)の情報も以下にリンクとして添付しておきますね。

オリジナル時計専門店:チクタク屋

この記事のライター

人気のギフト