清水焼に代表される日本の伝統「京焼」の歴史から茶碗・湯呑まで!

清水焼に代表される日本の伝統「京焼」の歴史から茶碗・湯呑まで!


歴史ある清水焼は京焼??ざっくりと学ぶ「京焼の歴史」と「京焼の特徴」について!!

みなさんは「京焼(きょうやき)」という焼き物について聞いたことがおありでしょうか??

「京焼」というのは、読んでその名の通り「粟田口焼(あわたぐちやき)・御室焼(おむろやき)・清水焼(きよみずやき)に代表される京都の(焼き物の)芸術品・作品」を総称して呼ばれる陶磁器のことを言います!!今では「京焼=清水焼」というイメージで定着されていますが、歴史的には必ずしも、それは正確な解釈ではないんですね^^;!!

では何故、京焼という名のブランドが国内で未だに親しまれているのか??またその歴史的経緯(如何なる状況で「京焼」と呼ばれる焼き物、陶磁器が国内で普及されていったのか?)を始めとして、その「京焼」自身の特徴について如何に簡単にご説明していきます!!

そして、終盤では京焼に関する具体的な理解が(少しばかりw)進めた上で、西の伝統磁器(石でできた焼き物)として日本を代表する「有田焼」との比較について簡単ご紹介しちゃいます!!

また、最後に「京焼と有田焼、上質な伝統工芸品を購入できるおすすめの通販サイト」をご紹介して記事を締めくくらせていただきます^^!!

京焼(清水焼)の歴史とは??

京焼の歴史に関しては、不明瞭なことも多いようですが、どうやら慶長(1590年ごろ:徳川家康の幕府時代)に(京焼が)生産され、広く普及していったとされているようです!!

そして、この江戸時代、京都内の様々な場所で様々な焼き物が作られることになります!この時から作られ始めてきた焼き物は「粟田口焼・八坂焼・御室焼・清水焼」といった芸術品であります!

「京焼」というのは、(実は京焼というブランド名というよりは)もともと「京都で作られてきたやきものを総称」して呼ばれてきた作品のことを言います(先ほどの粟田口焼・八坂焼・御室焼・清水焼などですね)!!

ここで「日本の京都で陶器が登場してきた敬意」を必要するために少し時代を遡ると、17世紀始めに入ってから、茶道等の文化が広く流通し、陶器の必要性(需要)が高まったことが(京都作の陶器製作につながる)起源と聞きます!

ここで必要になってきたのが「陶器(土を材料にして完成させる焼き物)を作る技術」です(瀬戸焼や唐津焼の技術を用いて、多くの焼き物が世に表れ始めたのも、この時期だと言います)!!

京都で最初に焼き物(最古の焼き物)が確認できたのは、粟田口(現在の京都市東山区)にて、寛永年間(1624年から1645年の間)に作られていた「粟田口焼(粟田焼)」だと言います!その後、有名な「清水焼」が作られ、これに続き「御室焼」等がどんどん京都から「文化(伝統工芸品)」として発信されていく事になります!!

また、後にご説明しますが「京焼」のメインは陶器(土でできた焼き物)です!それに対して、「有田焼(伊万里焼)」は磁器(石でできた焼き物)になります!その上で、両者に共通しているのは「焼き物に色絵付けの美しい模様をほどこした豪華な作品である」ということでしょう(陶器に最初の赤色の絵付けを行ったのは京焼のようです)!正に「陶器の京焼」か「磁器の有田焼(伊万里焼)」と称されるほどの焼き物として多くの方から高い評価を得ているようです!!

その京焼ですが、現在では「京焼=清水焼」という解釈で用いられることが多いようです!その理由について詳しいことに関しては、明確に解明されているわけではないと思いますが、とにかく時代の流れとともに残れたのが「清水焼」だったようで、現在では「京焼=清水焼」というスタイルで日本、そして世界に発信していく「JAPANの伝統工芸品(文化)」の一つになったんです!!

近年の研究では、慶長年間初頭の1590年代末には京焼の生産が始まっていたと考えられている。この頃の作品については不明な点が多いが、低温で焼成し、鉛を含む釉薬が使用されていて、技法やデザインが多様なことが特徴である。
この時期以前の京都は、三条粟田口界隈に陶磁器の窯元が集中し、粟田焼が生産されていた。ただし、天正年間以前の16世紀中頃には三彩や交趾焼などの技術を持った中国人陶工およびその後継者達が製陶を開始していた。緑、紫、紺、黄など寒色系の釉薬が特徴で、押小路焼のルーツとなったと考えられている。

近世の京焼が飛躍的に発展を見せたのは、江戸時代前期に野々村仁清(にんせい)や尾形乾山(けんざん)が登場してからです。京焼最大の特色である色絵を完成させ、絵画的な意匠を駆使した独自の陶器へと変貌していきました。
さらに江戸後期に入ると、奥田頴川(えいせん)、青木木米(もくべい)、仁阿弥道八(にんなみどうはち)、永楽保全(ほぜん)などの名工が数多く生まれ、第二の隆盛期を迎えました。さらに彼ら、京焼の陶工たちは、近畿ばかりでなく、中国・四国・北陸など各地の窯に招かれて指導にあたったので、京焼は全国にその影響を大きく与えることとなりました。
明治期に入ると、京都の陶磁器業界は伝統技法を守りながら、一方でヨーロッパの科学的、工業的な製陶法を全国にさきがけて導入し、販路の開拓や生産の合理化、経営の近代化などの新しい動きをみせてきました。海外の博覧会にも積極的に出品を重ね、高い評価を得ました。

『京焼の歴史』
京都のやきものの歴史をたどれば、平安時代までさかのぼります。その後、全国の交通網が整い始めると、各地から大量の陶器が調達できるようになり、さらに中国からの陶磁器の輸入も始まったため、京都でやきものを作る必要性がなくなりました。そして長い間、京都で本格的なやきものの生産が行われることはありませんでした。
時代が移り、京都でやきものの生産が盛んになったのは安土桃山時代に入ってからのことです。折からの茶の湯の隆盛もあって、粟田口焼、楽焼や押小路焼など多くの窯でやきものが作られました。これが現在の「京焼」のはじまりとされています。

京焼の特徴とは??

ここで、京焼についての簡単な特徴についてお伝えしておこうと思います!!

後の「有田焼との比較」のところでも、ご紹介させていただきますが、とりあえず「京焼は陶器(土でできた焼き物)」というイメージでとらえていただければ良いと思います!!

そして、その京焼の目玉になるのが「(磁器ではなく陶器で)日本で最初に赤色の絵付けを完成させた歴史と伝統を受け継ぐ作品の数々」でしょう(磁器で最初に赤色の絵付けを完成させたのは、有田焼の柿右衛門様式)!!以下の写真は、その土もの(陶器)に鮮やかな赤色による模様を表現した「(作品自体の)温かさと美しさ」が感じられる作品です!!

京焼(清水焼)が、有田焼と似ていて非常に興味深い点は「染付・天目(釉薬を用いた窯変技法)・青磁」といった(古来)中国大陸より伝わってきた「高度な絵付け(色付け)技法」に基づいてその文化(伝統工芸品としての品質)を大いに向上させてきたことです!!

基本的に、日本の焼き物(有田焼や備前焼)といったものは、その作品らしさ(作風)を表現する作り方(技法)がある中、「京焼(清水焼)」は特徴がない焼き物とも言われています!ただ、その京焼(清水焼)の特徴を「京都で生まれた模様や繊細な絵をあらゆる方法で彩る芸術品」と考えるなら、未だ進化を継続し続ける「未来に向けて大いなる可能性を持つ陶磁器の一つ」として評価ができるように思います!!

「水間焼伏原窯」さまの赤色絵付けの急須です!大阪を拠点にご活躍されている窯元さんですね!!

京焼(きょうやき)は日本の陶磁器の一種。粟田口焼、御室焼など京都で作られる作品の総称となっている。一度焼成した後に上絵付けを施す上絵付けの技法を用いた陶器が多く、作家ごとの個性が強いのが特徴。 また、乾山写し・仁清写しなど、他窯のデザインを本歌取りした写しものを得意とする。

清水焼(きよみずやき)は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指してそう言っていたのが始まりです。現在では、京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼んでいます。経済産業大臣指定の伝統工芸品としての正式名称は「京焼・清水焼」です。
京焼と清水焼の違いは、これは以前(江戸時代ぐらい)は清水焼以外にも、粟田口焼・八坂焼・音羽焼・御菩薩池焼などが京都市内各地にあり、それを総称して「京焼」という言葉が使われていました。しかしその後、時代の流れとともに清水焼だけが残って、現在ではほぼ「京焼=清水焼」という形になっています。

実際に見てみよう!京焼(清水焼)ってどんな焼き物?眺めてみるとわかる「京焼」らしい夫婦湯呑や茶碗!!

京焼(清水焼)の夫婦湯呑:匠の手書きによる繊細な技術、色鮮やかなカラーで魅せる釉薬の美しさが伝わってくる一品です!!

京焼(清水焼)の夫婦湯呑になります!土もの(陶器)なので軽く表面を叩くと、磁器の石の感覚とは違う柔らかい印象を受けそうな作品です!京都「昇峰窯」さんによる芸術品です!!

本作品は、有田焼でもよく使われる「釉薬(うわぐすり:素焼きした焼き物に満遍なくかける薬品のことで、これを使うことにより作品につるっとした光沢や触り心地をつけたり、作品自体に鮮やかな色模様をつけたりできます)を用いる技法」により完成されています!!浮かび上がってきたひらひらと舞う桜の花模様」が紅と紫の背景色に自然と溶け込み(焼き物)全体に美しい一体感を表現しています!!

有田焼にもよく見られる技法ですが、クールでモダンな作風としても対応でき評価されそうな面白い作品ですね!京焼(清水焼)らしさは陶器か磁器かどうか直に見て判断しないと難しいですが、鮮やかな色模様を天目技法(釉薬で色を表現する方法)で作品を表現できる可能性を感じ取ってもらえればと思います!!

一応、本作品(商品)についてより詳しくお知りになられたい方のために、(本商品の情報が記載されている)ページに向けたリンクを付けておきます^^!!

この記事のライター

人気のギフト