清水焼に代表される日本の伝統「京焼」の歴史から茶碗・湯呑まで!

清水焼に代表される日本の伝統「京焼」の歴史から茶碗・湯呑まで!


京焼・清水焼 昇峰窯 大小組湯呑 交趾桜尽くし

紅を思わせる鮮やかな赤と京風の紫の色の組み合わせが、鮮やかです。
その鮮やかな色彩に、丁寧に精緻に描かれた桜の花びらが美しく、また和風のエッセンスが滲み入るようです。
口金のついた筒に白泥を入れて絞り出しながら文様を描く“いっちん”という技法を用い、その線を境にひとつひとつ手作業で色を差すという手の込んだ工程で仕上げています。
匠の技と伝統を感じさせる作品。手描きの美しさが魅力です。

京焼(清水焼)の茶碗:

「銀彩桜花紋蓋付飯茶碗」京焼(清水焼)風のスタイルで完成された高級茶碗なります!!模様も含めた作風とは関係ありませんが、器自体にも使いやすさ(機能性)の面で改善に改善がほどこされた「現代の京焼(清水焼)」と言えるかもしれません!蓋つきの茶碗は陶器ならではの温かみがあります!焼き物自体のフォルムもなかなか美しく、シンプルな作りになっている作品ですね!!

色合いに関しては、先程の夫婦湯呑のケースと似てて、「手書きの技法」と「(美しい色を器に背景色として表現するための)釉薬の高い開発力」によって完成された芸術品という感じでしょうか?「楽峰窯」さんの作品です!!京焼(清水焼)の良さを伝統的に継承している窯元さんのようですね!!

満開の桜を表現できる「高度な有田焼の技法と並び称されるほどの京焼(清水焼)の色付け技術のポテンシャル(可能性)」を大いに感じさせてくれる一品です!本作に関しても、作品(商品)ページに向けたリンクを付けておきますね^^!!

京焼清水焼 めし碗 茶碗 「銀彩桜花紋蓋付飯茶碗」

京焼清水焼の特徴のほんのりと赤く青みがかった白地の肌、
お使いいただく方の使い勝手をまず考えてご飯茶碗の機能性を追求したシンプルで
使いやすいフォルム・デザインです

復習を兼ねて!陶器の京焼(清水焼)と磁器の有田焼の関係について!!

先ほど、ご紹介しました「京焼(清水焼)の歴史とは??」の中でも「京焼は17世紀日本でブームとなった茶会において陶器がどんどん必要となってくるといった歴史的背景により、そういった焼き物(粟田口焼とか清水焼に代表される京焼)が京都で作られるようになった」とご説明させていただきました!!

ここで京焼(清水焼)とあるものを比較できれば面白いと考えていました!そのあるものとは「日本で400年ほどの歴史を持つ、今や日本から世界へその文化が発信されることができたいされているMade In Japanの伝統的焼き物、有田焼(伊万里焼)」と「京焼(清水焼)」の関わりについてです!!

しかし、残念ながら「直接的な京焼(清水焼)と有田焼(伊万里焼)との関係性」を示す情報源にはあたることができず、深いレベルで調べることができませんでしたが、ただ重要なことは「(中国大陸から伝わってきた)多くの焼き物」が時の日本の上流階級や皇室の方々の間で重用されてきたことから、有田焼や九谷焼などといったきっかけ(起源)から焼き物の普及が活発になってきていることは疑いようもないことです!京焼に関しては、もちろん大名や皇室(貴族)の間での茶会に用いる文化として、京都の地でブランド焼き物を地産地生させるとの意識のもと生まれてきた文化であろうと思われます!!

陶器 ~吸水性の高さがお手入れのポイント~

購入後は水やぬるま湯に半日くらい浸すと、貫入や土成分が吸水し、調理時に油や臭いが浸み込みにくくなります。使用前にも毎回ぬるま湯にくぐらせるとしみがつきにくいですよ。使用後は早目に中性洗剤でやさしく洗いましょう。

つけおき洗いはカビの原因となるのでNG。乾燥の際も器同士が重ならないようにし、完全に乾いてから収納します。もしカビが生えてしまったら煮沸して取り除き、風通しの良いところで乾燥させましょう。

吸水性が高い分、電子レンジの使用で多少膨張することも考えられますが、普段使い用に作られた製品なら大丈夫。食洗機やオーブン、直火使用に関しては、購入時の注意書きにしたがってください。

磁器 ~丈夫ですが割れると鋭利で危険~

使い始めはほこりを取るため、ぬるま湯で洗いましょう。使用後洗う際は中性洗剤とやわらかめのスポンジを使います。陶器よりもじょうぶですが、薄いため、部分的な衝撃を受けると欠けてしまいます。壊れた部分は鋭利になりやすいので、けがをしないように処理してくださいね。

電子レンジの使用も通常は問題ありませんが、金や銀の絵柄は扱いに注意が必要。レンジでは金銀部分は燃えやすく、食洗機でも変色してしまいますし、剥げやすいので紙などに包んで保管するとよいでしょう。

通販で買おう!実際に使える焼き物(や鑑賞用の)「京焼(清水焼)や有田焼(伊万里焼)」がご自宅で探せる通販サイトについて!!

今回の記事(「京焼(清水焼)の歴史」から始まって、その特徴!そして「有田焼(伊万里焼)」との比較についてまで)いかがでしたでしょうか??

本記事を通じて、みなさまの中で少しでも「京焼(清水焼)や有田焼(伊万里焼)」へ、またそれに次いで「様々な(伝統的なものから新しく斬新なスタイルとして国内・世界へ流通しつつある日本の)高級陶器や高級磁器」についてご興味をもっていただけると幸いです!!

さて、本記事を締めくくる最後のテーマとなりましたが、ここでは「(これまでご紹介させていただいてきました)京焼(清水焼)や有田焼(伊万里焼)」を大型のショッピング施設(百貨店等)まで足をお運びにならなくても、ご自宅でご購入いただける「おすすめの(「京焼(清水焼)」と「有田焼(伊万里焼)」を扱う通販サイト)」を簡単にご紹介していきます!!

京焼(清水焼)の「松韻堂」:幅広くオリジナリティーのある商品をお手頃価格で!!その伝統的な京都の雰囲気も優しくご自宅でお伝えする品々が数多く揃っています!

京焼(清水焼)を専門的に取り扱っておられる「松韻堂」さんのサイトがおすすまです(以下にリンクを貼っておきますが、検索するとすぐでてきます)!!取り扱い商品は「湯呑みや・ご飯茶碗・スープカップ」といった、日常生活で使える品々に加えて、お手頃価格のアウトレット商品も販売されています!!

値段はお手頃価格で販売されているので、自分たちが使う用の(使い捨て商品も含めて)商品をご購入される場合に向いているかもしれない通販サイトになりますね(高級ギフトとして、探す場合は若干使い方が難しいかもしれないですね)!!

ただ、やはり驚くべきは、その品数の豊富さにあります!!コーヒーカップやスープカップといった伝統的には(少なくともイメージ的には)馴染みがあまりなさそうな商品まで、オリジナリティー性を発揮してモダンな「陶器の作品の一つ」として仕上がっている点についてはお見事と言えそうなサイト構成になっています^^!!店長も現役のろくろ師、京都生まれの京都育ちの谷口先生が京焼(清水焼)らしい上品な作品を選別して販売していらっしゃる「京焼(清水焼)なら間違いのないサイト」とも言えそうです!!

京焼(清水焼で陶器)は、その京都発祥というイメージからも「海外から来られるお客様(ご友人)」に対しても、話題が事欠かない歴史と伝統を本質的に備えている芸術品ともいえるジャンルなので「陶器特有の温かい雰囲気」や「ご自宅で和のカラー」を導入されてみたい方にとって、すごくおすすめできるサイトなので、ご興味がおありの方は是非、こちら(以下のリンク)のサイト「松韻堂」さんでの(商品の)ご購入を検討されてみてくださいね^^!!

「松韻堂」

この記事のライター

人気のギフト