友人ご夫婦のプレゼントに!ネットで買える「人気の夫婦湯呑」特集!

友人ご夫婦のプレゼントに!ネットで買える「人気の夫婦湯呑」特集!


高級夫婦湯呑のランキング、第3位に選ばれました作品は「京都そして日本を代表する伝統工芸品(焼き物)の京焼に優しいタッチで可愛らしい和傘の絵付けをほどこした夫婦湯呑」になります!「男性用の青傘の湯呑み」が「女性用の赤傘の湯呑み」より大きく仕上がっています!模様で分かれているので日常生活で使いやすそうな一品ですね!!

本作品は「京都で焼成が始まった伝統的な焼き物、京焼」です!最近では清水焼(きよみずやき)というブランドが浸透しているせいか「京焼=清水焼」と解釈されることが多いです!「(第1位の)銀河の夫婦湯呑」や「(第2の)桜絵図の夫婦湯呑」に代表される有田焼と本作品(京焼)の違いは、全社が「石を材料に作られた磁器(有田焼)」で後者が「土を材料として作られた陶器(京焼・清水焼)」にあります!!

本作品の良さは「陶器」らしい温かい雰囲気もさることながら、上品で繊細かつ豪勢に描かれた「赤と青の和傘の模様」に魅せられるところにあります!高級感というかカジュアル感が強い作品なので、高級ギフトというよりは日常生活でお試しにお使いになられる作品の一種かもしれませんね!!

花ものがたり夫婦湯呑

可憐な枝垂れ桜に蛇の日傘をあしらった、和の情緒あふれる湯呑です。
贈り物にも喜ばれます。

日常の器にふさわしく優しい色合いにまとめました。
粉引の白地にピンクや青の色絵が映えたいへん綺麗です。

京焼らしい薄手のつくり、粉引の弱みである口がかけにくいように化粧土をはがしています。

清水焼(きよみずやき)は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指してそう言っていたのが始まりです。現在では、京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼んでいます。経済産業大臣指定の伝統工芸品としての正式名称は「京焼・清水焼」です。
京焼と清水焼の違いは、これは以前(江戸時代ぐらい)は清水焼以外にも、粟田口焼・八坂焼・音羽焼・御菩薩池焼などが京都市内各地にあり、それを総称して「京焼」という言葉が使われていました。しかしその後、時代の流れとともに清水焼だけが残って、現在ではほぼ「京焼=清水焼」という形になっています。

第4位 白ふくろう夫婦湯呑み 花月:温かく優しい「夫婦湯呑に描かれた模様」は白ふくろう!ご友人ご夫婦に贈られると喜んでもらえるような「癒しの効果」が伝わってくる一品です!!

おすすめ夫婦湯呑のランキング、第4位に選ばれましたのは、見るものを和ませる雰囲気が伝わってくる「白ふくろうを描いた温かみのある夫婦湯呑のセット」になります!!

本作品も(第3位の作品に同じく)京焼・清水焼の焼き物です!窯元「花月」さんにより作られる作風は、そのふっくらとした陶器ならでは温かさが感じられる一品ですね!陶器の表面に散りばめられた斑点模様によって「木枯らしから肌寒い冬の最中、可愛らしい白ふくろうが寄り添って体を温め合っている和やかなワンシーン(演出)」が作り上げられています!!

冬をイメージさせる品の色が強いせいか、年中通して使いこなす上では、少しばかり扱いにくいお品かもしません!ただ温かいお茶好きな方、ご親戚の方へのお土産等に合ったギフト商品として候補に挙げられると良いかもしれませんね^^!!

白ふくろう夫婦湯呑み

京焼き清水焼の窯元花月の白ふくろう夫婦湯呑みです。大一つ、小一つ、ペアのお値段です。萩焼のような柔らかい風合いの生地に、幸せの象徴、ふくろうの絵付け。仲睦まじい二羽のふくろうを優しい色合いで表わしました。開運シンボルとして愛されてきたフクロウ。しかしその中でも、神さまのお使いと言われ飛び抜けた開運力を誇るとされるのが「白フクロウ」です。

小さい点々は夜空に輝くお星さま。色とりどりの点描で描かれています。手に持つとどれも薄く軽いです。手作りの暖かみを活かしラッパのような広がった形状。窯の炎と土の相性で白の色合いは一つずつ異なります。大と小、夫婦で使えるように背景の色を変えてあります。月明かり、木の枝に止まる福朗は、苦労しないで福を呼ぶ、幸福の瑞鳥です。

第5位 【晴雲山岡田窯】夫婦湯呑 白:山口県(萩市)から日本を代表する伝統工芸品、萩焼による高級夫婦湯呑のセットになります!土の温かみが感じられる陶器らしい一品です!!

プレゼントとして贈る「(高級)夫婦湯呑の夫婦湯呑」のランキング、最後にご紹介します第5位となるギフト商品は「山口県(萩市)を発祥に、日本全国で知られる有名な焼き物、萩焼の夫婦湯呑」になります!山口の名門、晴雲山岡田窯によるシンプルなその作品は「夫婦湯呑 白」と呼ばれる作品です!!

本商品は、数多くの伝統工芸展で作品賞を受賞される晴雲山岡田窯の岡田泰先生による作品です!有田焼や九谷焼とは異なり、先程と同様「土の温かみが感じられる陶器」らしい一品ですね!土らしいふっくらとした大きさなので、たくさんお茶を飲まれる方には良いお品だと思います!!

本作品は、割とご年配の方へのギフト商品として良いかもしれません!わびさびが感じられる本作品も「繊細ながら艶輝く色模様」や「(第1位の)鮮やかな天目技法による輝き」をイメージした作品をお好みになられる方にはシンプルな陶器の作品は合わないかもしれません!本作品(夫婦湯呑 白)は一度、見て手に取って温かみを感じてみたい方におすすめできる芸術作品となってます^^!!

夫婦湯呑 白

萩焼(はぎやき)は山口県萩市一帯で焼かれる陶器。一部長門市・山口市にも窯元がある。長門市で焼かれる萩焼は、特に深川萩(ふかわはぎ)と呼ばれる。 古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物である。

岡田 泰

 2002年に東京造形大学彫刻科を卒業、京都府立陶工高等技術専門校成形科、京都市工業試験場陶磁器専修科を修了して、2005年から父岡田裕に師事。「父や職人さんに囲まれ、指導を受けながら日々制作に励んでいます」
 京都では陶芸に関する基礎的な技法を幅広く学びました。しかし「やればやるほど問題や課題が出てきて、そこに面白さを見つけました」と、土と火と水の自然との関わりのなかで厳しさともどかしさを実感。「自然のなかでものが成形されていく面白さ」を強調します。また、「ものの見方や考え方を身につけたい」と、一年ごとの区切りで、自らを磨くスタンスを会得し、現在は「自分なりのかたちを模索」しています。

高級夫婦湯呑のプレゼントを自分で探そう!お店に行かなくても「(自分で)夫婦湯呑のギフト」が探せるおすすめ焼き物の通販サイト特集!!

おすすめ高級夫婦湯呑のランキング特集、いかがでしたでしょうか??

(本記事)以下では「店舗に行かなくても上質な焼き物(有田焼・萩焼・九谷焼・清水焼)がネットで購入できるおすすめの通販サイト」に関する情報をご紹介しちゃいます!!

例によって、各情報につき「本サイトにつながるためのリンク」を設けておりますので、(通販の本サイトに)ご興味がおありの方はぜひ、そちらの方もご覧になってみてくださいね^^!!

この記事のライター

人気のギフト