友人ご夫婦のプレゼントに!ネットで買える「人気の夫婦湯呑」特集!

友人ご夫婦のプレゼントに!ネットで買える「人気の夫婦湯呑」特集!


JTOPIA:有田焼ならNo.1!銀河模様の夫婦湯呑は大人気でロングセラー!海外の王室・貴族や天皇皇后両陛下にも多くの作品を献上している「権威あり実績ありの大手(高級)有田焼ギフト」のサイトです!!

「JTOPIA」さんは、有田焼を専門的に取り扱っておられる通販ショップでは実績十分のサイトです(磁器を扱われる焼き物通販ショップならNo.1かもしれません)!そのお客様は「海外の要人の方(マレーシア首相やオランダ国王陛下など)から、天皇皇后両陛下を始めとした国内の著名人」まで、幅広く様々なお品を献上されてきた「高級有田焼を専門的に扱っている通販サイト」になります!!

先ほど取り上げました高評価の高級夫婦湯呑(銀河模様の夫婦湯呑や色絵桜図の夫婦湯呑)を始めとして、酒器や万華鏡・(有田焼)絵画といった幅広いバリエーションを揃えながらも、高級ギフト(プレゼント)として贈る「有田焼作品」を専門とされているところに特徴があります!!

特別なお祝い事や周年記念に、外せない高級ギフトをお探しになられる際は「JTOPIA」さんを「ギフト(プレゼント)探しのお店」候補として活用されると良いと思います!!

JTOPIA

有田焼の高級焼き物ギフトはJTOPIA(ジェイトピア)。一流の作家・窯元の作品のみを厳選。国内最大級の専門通販サイトです。熨斗・包装も全品無料プレゼント対応。至極の高級贈答品をご高覧下さい。

有田焼なんか今まで1度も購入したことないですし、まさか僕が購入するとも思っていませんでした。

なので、検索大好きな僕はインターネットでいろいろと調べまくったワケです。

いろいろなサイトが出てきましたが、何だかパッとしない印象。

有田焼自体がやっぱり古めかしいイメージがありますので、「こんなもんかな?」って感じ。

しかし、僕は見つけてしまいました。

スゴくおしゃれで他とは全く違った異彩を放つ素敵なサイトを。

それが今回、僕が注文した「JTOPIA」さん。

たち吉:創業はなんと1972年!高級芸術品も多く揃える京都の老舗です!その作風は京風の伝統を堅持しながらも「日常生活で使いやすい作品」もまた多く取り揃えています!!

「たち吉」さんは歴史ある創作工芸品(焼き物)ショップとして有名です!!値段もお手頃価格で自分に合ったものを探すことができると思います!!

取扱商品の色に関しては、高級ギフト商品というよりは「日常的に使える焼き物」といったカラーでしょうか?強みは何といっても取扱商品のバリエーションになります!京都のお店ということなので、有田焼(磁器)ではなく、京焼のような陶器を取り揃えているサイトです!!

日常で活躍してくれる、生活用品(茶碗や急須といった商品)をお探しになりたい方に必見のサイトの一つですね!!日常生活で違和感なく使える「温かい土の温もりを、歴史ある京都風の伝統工芸品」をお探しになりたい際はぜひ「たち吉」さんをご利用してみてくださいね!!

たち吉

「たち吉」オリジナルの高級和食器は引出物や内祝いなど贈り物に人気があります。漆器、ガラス、磁器、陶器など様々なライフスタイルにもあうこだわりの逸品を大切なあの人へ。

注文後すぐに丁寧なメールを頂き、安心して商品の届くのを待っておりました。希望の日時に届き、荷を開けましたら梱包がとても厳重にされていて、流石だなと思いました。お世話になりました。

泉流山(せんりゅうざん):山口県(萩市)から全国へ普及した超名門のブランド「萩焼(はぎやき)」を専門的に取り扱っておられる通販サイトです!陶器でできた高級夫婦湯呑もきっと見つかる!プレゼントにはぜひ萩焼を!!

オンラインショップ「泉流山(せんりゅうざん)」さんは、そのロゴからも明らかなように「西日本を代表する山口県の陶器(土で出来た焼き物)、萩焼(はぎやき)を専門的に取り扱っておられる珍しい焼き物ネットショップ」になります(今回、ランキングでご紹介させていただいた第3位~第5位までは陶器によるギフト商品でした)!!

有田焼(磁器)とは違う陶器になりますが、先程お話ししたように「土で出来た焼き物ならでは(特有)のふっくらとしたフォルムや温かく感じる手触り」などが特徴的な商品を多く取り揃えていらっしゃる通販サイトになります!!

「磁器ではなく、陶器と買ってみたい」と思われる方、また陶器をギフトとして贈りたい方におすすめのネットショップです!粘土や釉薬もオリジナル材料も開発している、まさに「陶器の専門市場」ですね!!

泉流山オンラインショップ

泉流山の創窯は文政9年(1826年)、ちょうど幕末の志士たちが活躍する少し前の時代です。
黎明期には主に磁器(小畑焼と呼ばれ、衰亡のため現存しない)の生産をしていましたが、のちに陶器(萩焼)の生産に転換し、その後時代の変化とともにさまざまな変遷を経て現在に至ります。
萩焼の良さは人の手による温かみ、窯(炎)の偶然性、そしてそれによる深い味わいにあります。
創窯以来そうした技術と精神を大切に、昔ながらの伝統的な手法で今も造り続けています。


昔ながらに足蹴り轆轤を使用しています。(一部の大型作品では電動轆轤を使用)
機械に頼らず人の力で回し、職人の息づかい・タイミングを粘土に反映させることにより、人の手による味わいや温かみが刻まれます。
一般では電動ろくろでの成形が大多数で、足蹴り轆轤は他ではほとんど見ることができません。

泉流山では登り窯を使いしっかりと焼きあげています。
コントロールが難しく焼成の際に欠品も多いのですが、その反面、上質なやきものを生み出します。また「窯変」(ようへん)と呼ばれる薄ピンクの色合いは、登り窯特有の偶然性でしか出せません。

粘土や釉薬も素材業者に頼らずすべて自社で精製し使用しています。
窯との相性や焼成の温度・時間など、様々な条件によって決まる色合い・質感など、
泉流山は萩焼伝統のレシピに加え、長年培ってきた経験による独自の工夫を重ねて調合しています。

この記事のライター

人気のギフト