皿からマグカップまで!温かい伝統文化、美濃焼の伝統と特徴について

皿からマグカップまで!温かい伝統文化、美濃焼の伝統と特徴について


織部焼(おりべやき)が登場したのは桃山時代後半の慶長時代(1596年~1615年)になります!織田信長から豊臣秀吉へ、茶会のブームが大名たちの間で加速してきた時代、志野焼について世間に登場してきたのが少しばかり模様がほどこされた「新しいスタイルの陶器」ともいえる「織部焼」でした!!

「織部焼」という作品は主に三種類あります!それは青織部(蒼い織部焼)・赤織部(薄い赤い織部焼)・黒織部(写真の様な黒い織部焼)といった作品に分類されます!!この色模様を付ける方法は、有田焼(伊万里焼)でも高度な技法として用いられる「釉薬の技術(施釉)」になります!「釉薬」とは、主に素焼きの焼き物に色をつける(他にはつるっとした表面を作り、硬さをより丈夫にする)上で用いられる薬品であり、大体はそれぞれの窯元さん(焼き物作家さん)の工場で特製に開発をしていたりします!!

現代でもモダンでクールな焼き物作品を作る上で欠かせないとされる、こった模様を表現できる「高度な釉薬で作品を作る技術」ですが、この桃山時代の後期においてもすでに「織部焼を作るために(色模様をつけるための釉薬が)用いられていたという事実」は焼き物の歴史を学ぶ上で非常に興味深い点でもあります!!

そして、この「(色模様を表現するために釉薬を用いて)進化した陶器」として世に生み出されてきた作品が「織部焼」と呼ばれるものになります!!

織部焼
おりべやき

美濃(みの)国(岐阜県)東部の美濃窯で焼かれた創造性豊かな陶器。同地は平安時代以来の製陶の伝統があるが、室町末期に至って大きな展開をみせ、とくに新興の「わび」の器、茶の湯の道具に供すべく、茶人の趣向をもった茶具を焼造し始めた。その延長上に桃山時代後半の慶長(けいちょう)(1596~1615)初年から創作され始めたのが織部焼で、作風・意匠のうえに当時の茶道界のリーダー古田織部好みといわれる特色があるため、この名称でよばれる。

織部焼(おりべやき)は、桃山時代の慶長10年(1605年)頃、岐阜県土岐市付近で始まり元和年間(1615年-1624年)まで、主に美濃地方で生産された陶器。美濃焼の一種で、基本的に志野焼の後に造られた。

特徴


釉薬の色になどにより、織部黒・黒織部、青織部、赤織部、志野織部などがあるが、緑色の青織部が最も有名である。織部黒・黒織部は茶碗が殆どであり、それ以外は食器類が大半を占める。

形・文様
整然とした端正な形を好み、抽象を重んじる他の茶器とは違い、歪んだ形の沓(くつかけ)茶碗や、市松模様や幾何学模様の絵付け、後代には扇子などの形をした食器や香炉など、具象的なものが多い。

生産技術
連房式登窯の利用や、木型に湿らせた麻布を張り、そこに伸ばした粘土を押し付けるという手法で、少し前の志野焼と比べ大量生産が行われた。そうした量産化された茶碗でありながら、同じ作振り、同じ模様で描かれた物はなく、当時の陶工の作陶姿勢において、一碗一碗違った茶碗を造るという意識が徹底していたことを物語る。

釉薬
一般に「織部釉薬」といった場合は、透明釉薬に酸化銅などの銅を着色料として加え酸化焼成したものを言う。

美濃焼にハマる!?実際にご自宅で購入できる美濃焼の通販ショップのご紹介について!!

美濃焼についてのご紹介記事、いかがでしたでしょうか??

何かを買う際にはその物の価値を知った上で、物を買うことって大切なことかもしれないですね^^!!そのために、美濃焼って何?有田焼って何?九谷焼って何?京焼って何?いろいろ知っておいた方が良い事も多いと思うので、giftpresentsの記事では、そういった「焼き物に関する有益な情報」をお伝えできればいいなと常に思って取り組んでおります^^!!

そして、最後に「美濃焼が購入できるネットショップ(通販サイト)」についてご紹介していきたいと思います(そんなに数はありませんが^^;)!ご自宅で食器や芸術品を揃えてお買い物されたい時に是非ご利用をご検討されてみてくださいね!!

うちる:作家によって作られる美濃焼から、イラストレーターのデザインまで!幅広い美濃焼が揃っている通販サイトです!!

美濃焼がメインの和食器通販サイト「うちる」さんです!!

岐阜県の東濃地方で生産され、日本人のほとんどが無意識に使ってきた「美濃焼」とは、自然にどのご家庭にも(平均して)馴染むお品となっています!!

ここのサイトでは、「日常生活の中で使えるお品」をお探しになっておられる方におすすめです!!特に皿自体のフォルムもそのデザインもすごくシンプルな作りになっておりまして、ものすごく飾り過ぎるといった派手さがないのも、その良さの一つと言えるかもしえません!!

作家による作品に、その皿の模様を描くイラストレーター(松尾ミユキ)さんと協力して完成されている作品のシリーズはなんとも可愛らしく興味をそそります^^!!

キャッチフレーズでもある「お家を彩る器」を「うちる」さんで探して見てはいかがでしょうか^^??

和食器通販のお店 うちる

「(通販専門サイト)あーと青仁」さんは、基本的に(現在の愛知県周辺から発信されてきた)瀬戸焼を取り扱っておられる通販サイトですが、上質な美濃焼や黒織部焼も多数取り揃えておられます!!

「好きな商品のフォルムや絵柄で探す・好きな模様の釉薬で探す・気に入った作家さんの作品で探す」と色々な商品の選択の仕方が用意されているので、サイト自体も見やすい構成になっています!!

土の温かみがある陶器、その上品でかつ日常生活で気兼ねなく使える「土でできた芸術品」特に本サイトではギフト商品や海外に贈るギフト(お土産)として選べるお品が多数揃っています!!

ちょっとグレードの高い陶器をお探しの際はぜひおすすめしたい通販サイトですね^^!!

通販専門サイト あーと青仁

この記事のライター

人気のギフト