西日本を代表する焼き物の名門「萩焼」を知ろう!!

西日本を代表する焼き物の名門「萩焼」を知ろう!!


萩焼屋(Hagiyakiya)通販サイトでは一点物にこだわった作家物の萩焼作品を多くご紹介しています。手間を惜しまず一点々々作品画像を掲載していますので、お気に入りの萩焼をじっくりとお選びください。日常使いはもちろん、大切な方への和食器、萩焼、茶碗のギフトはいかがでしょうか?

萩焼窯元 泉流山(せんりゅうざん)オンラインショップ:歴史あり!萩焼界を代表する名門「泉流山」さんの芸術品が通販で買えるサイトです!!

萩焼を代表する名門窯元「泉流山(せんりゅうざん)」さんによる通販サイトです!!まさに取り揃えられているのは、高級な萩焼商品!陶器(土もの)で高級ギフトをお探しになられる際にぜひおすすめしたい通販サイトです!!

本家「泉流山」さんは文政9年(1826年)より事業をスタートしていらっしゃいます!一つ一つがろくろからの手作りで、粘土や釉薬自体も「泉流山」さんにより、特別に開発されているものが使われているようです!!

「萩焼」において、王道の作品としてイメージされる抹茶茶碗や茶道具を始めとして、コーヒーカップやマグカップといったような様式スタイルの焼き物も多く取り揃えていらっしゃいます!!

また高級ギフトとしての趣きを存分に感じられる作品が多いですが、値段もそこまで高くないため、「自分へのごほうびや」「大切な友人へのプレゼント」といったギフト商品として購入したり「陶器(土もの)を生活の中で使ってみたいと考えておられる方へのお試し品」として購入されるのもよろしいかと思います!!

「萩焼」商品自体の上品な色合いと陶器(土もの)ならではの温かさが伝わるお品が多数そろえられている通販サイト!ぜひ以下のリンクの方でご覧になってみてくださいね^^!!

泉流山(せんりゅうざん)オンラインショップ

泉流山の創窯は文政9年(1826年)、ちょうど幕末の志士たちが活躍する少し前の時代です。
黎明期には主に磁器(小畑焼と呼ばれ、衰亡のため現存しない)の生産をしていましたが、のちに陶器(萩焼)の生産に転換し、その後時代の変化とともにさまざまな変遷を経て現在に至ります。
萩焼の良さは人の手による温かみ、窯(炎)の偶然性、そしてそれによる深い味わいにあります。
創窯以来そうした技術と精神を大切に、昔ながらの伝統的な手法で今も造り続けています。

美濃焼や瀬戸焼に次ぐ、日本を代表する陶器ブランド「萩焼」に関する今回の記事、いかがでしたでしょうか??

できれば「萩焼会館」も含めて、焼き物作家さんの工房(作業場)や実際の萩焼作品に直で触れて理解されるのは非常にいい事だとは思いますが、現実的に山口県萩市の萩焼会館まで訪れるのが難しい方の場合、商品や芸術作品の写真や(本記事における)今までの情報を通じて「試しに萩焼を通販で購入してみる」といったケースでも「萩焼の魅力」について学ぶことができる貴重な機会になりえると思います!!

萩焼自体、温かみがあって素敵な作品だと思いますが、同じ陶器でも「美濃焼や瀬戸焼そして京焼」ように歴史的経緯(焼き物の起源)や作品自体の特徴が異なる場合が多くあります!!また、陶器ではなく、日本を代表する「最も有名な焼き物ブランド」として知られている「有田焼」のような磁器に関しても、まとめて広く(様々な日本の伝統的焼き物を)理解されるきっかけが生まれたら良いなと思います!!

今後ともギフトプレゼンツの中で「日本が誇る伝統工芸品」について、お役に立てそうな情報を発信していきたいと考えているので、今後ともよろしくお願いします^^!!

この記事のライター

人気のギフト