花瓶や徳利・コーヒーカップ!東北が誇る名門「相馬焼」の秘密!

花瓶や徳利・コーヒーカップ!東北が誇る名門「相馬焼」の秘密!


青ひび

鈍色の器面に広がる不定型なひびのことで、鉄分を含んだ釉薬を用い、還元炎焼成後に冷却するために生じる。その後、ひびに墨を塗り込むために黒く見える。

主要な特徴(2)馬の絵:徳利に「(旧相馬家の)御神馬」別名「左馬」が繊細に描かれています!まさに「馬」の模様の伝統的焼き物です!!

写真は相馬焼の中でも湯呑みやコーヒーカップと並ぶ人気作品、徳利とお猪口になります!その相馬焼式の作品に共通しているのは、まさに「馬」が描かれている事です!相馬焼の相馬というのは、江戸時代に相馬焼誕生の地を治めていた相馬(中村)藩の相馬から来ています!!

馬が模様として描かれているのは、同藩にとっての「御神馬(ごじんば:神社に奉納されている、人々にって神聖とされる馬)」になるそうです!!

そして馬は左の方を向いて描かれています!これは、室町時代中期から江戸時代末期まで400年ほど活躍してきた日本絵画史上最大の画派である狩野派による「走り駒(縁起物として表現されるいくらでも前進して走り続けていける駒:ここでは疾駆する馬のこと)の表現」から影響を受けているそうです!!この走り駒をイメージして左向けに描かれた馬は「この馬の右に出るものはいない」ということを縁起的に意味しているデザインだそうです!この模様自体が相馬焼の魅力の一つなんですね^^!!

旧相馬藩の「御神馬」が描かれており、別名「左馬」それは「右に出るものがない」という意味から縁起が良いとして地域では親しまれてきました。 狩野派の筆法といわれる「走り駒」の絵で、相馬藩の御神馬を熟練された筆使いで手描きされています。

狩野派(かのうは)は、日本絵画史上最大の画派であり、室町時代中期(15世紀)から江戸時代末期(19世紀)まで、約400年にわたって活動し、常に画壇の中心にあった専門画家集団である。室町幕府の御用絵師となった狩野正信を始祖とし、その子孫は、室町幕府崩壊後は織田信長、豊臣秀吉、徳川将軍などに絵師として仕え、その時々の権力者と結び付いて常に画壇の中心を占め、内裏、城郭、大寺院などの障壁画から扇面などの小画面に至るまで、あらゆるジャンルの絵画を手掛ける職業画家集団として、日本美術界に多大な影響を及ぼした。

走り駒

大堀相馬焼の特徴でもある意匠。走り駒とは名の如く、疾駆する馬のこと。

主要な特徴(3)二重焼:日本全国に広がる陶磁器界の中でも、唯一内部が二重構造になっている焼き物ブランドです!熱くても湯呑みが持て、冷めにくいメリットがある作りです!!

相馬焼の大きな特徴として、温かみのある土や馬の模様だけではなく「二重焼」と呼ばれる外側と内側に分かれた二重構造によって作品が作られているという特徴があります!!

左写真は湯呑みの断面図ですが、まさに外側と内側の間に空洞があります!!これによって、熱い飲み物を入れても直接手で触れなくてもいいので湯呑み自体がもちやすく、保温・保冷性の効果も期待できる作りとして仕上がっているみたいです!!

ちなみに、この二重構造を取り入れている焼き物ブランドは、日本広しといえど「(大堀)相馬焼」に限ったもののようです!!実際に使ってみて効果を確かめてみるのもいいかもしれませんね^^!!

「二重焼」という構造です。入れたお湯が冷めにくく、また熱い湯を入れても持つことが出来ます。 この技法は大堀相馬焼にしかない、珍しい技法です。 元々、大堀相馬焼は生活に溶けこんだ陶器であり、使いやすいように創意工夫を重ね、このような技法になりました。

二重焼

大堀相馬焼の湯呑みは冷めにくいといわれるが、その原理に相当する技術。轆轤による成形の段階で、外側と内側を作っておき、焼成前に被せることで行われる。この技術を用いた焼き物は大堀相馬焼以外ではまず見られない。

おすすめの通販(ネット)ショップ:デパートでもオークションでもない!湯呑み・コーヒーカップ・徳利・花瓶!ご自身にあった(有名窯元作の)芸術品をネット通販で発見しよう!!

これまで「(大堀)相馬焼」とは何か??を知るために「相馬焼の歴史や特徴」についてお伝えしてきました^^!!

「相馬焼」に関しては、あらゆる点ではっきりと他の焼き物ブランドとは異なる特徴を捉えることができると思います!!この相馬焼の技術に関して、必ずしもオーソドックスな湯呑み作品等のみならず、様々なバリエーションの作品に触れて、より「JAPANの焼き物」にご興味をもたれる方もいらっしゃるのではないかと思います^^!!

なので、ここでは「相馬焼」がインターネットで購入できるサイト、それに加えて日本を代表する焼き物(三大焼き物:陶器と磁器)をご自身で気軽に探すことができる通販ショップをそれぞれ簡単にご紹介しておきたいと思います!!

「デパート以外でギフトを見つけて購入することができる通販サイト」大切な方へのギフトやお土産等をお探しの方は是非ともご参考ください^^!!

【相馬焼】松永陶器店:サイトの中で詳しく「相馬焼」の3つの特徴と良さについて解説!時代に数少ない「相馬焼」を良質の状態で手に入れることができるネットサイト!!

明治時代(特に戊辰戦争以後)、東北で数多く存在していた相馬焼の窯元もどんどん数少なくなったと言います。しかし、日本の伝統工芸品ブームにのり、相馬焼の製造における高度な技術とユニークなデザインにより、国内外問わず、更に相馬焼の需要を押し上げています!!

「松永陶器店(MATSUNAGA)」さんは、1910年から相馬焼の卸問屋として長い間、活躍されてきた老舗の(相馬焼)専門店でいらっしゃるようです!昔からの相馬焼を販売しておられる専門店として、今やインターネットを通じた通販ショップとして、高品質かつユニークな「自分にあったピッタリの相馬焼ギフト」を探せるサイトだと思います^^!!

松永陶器店(MATSUNAGA)

この記事のライター

人気のギフト